【お知らせ】第46回日本毒性学会学術年会に参加します

【お知らせ】第46回日本毒性学会学術年会に参加します

イナリサーチは、6月26日~28日に開催される第46回日本毒性学会学術年会に参加します。

会場: 徳島県徳島市山城町東浜傍示1番地1
   アスティとくしま

■ポスター発表
6/27(木)
「ラットを用いた幼若動物試験へのプレパルス抑制検査の導入」動物試験部 室田 尚哉
「サル播種性血管内凝固症候群(DIC)モデルにおけるサイトカインストームの評価」検査部 平澤 由貴

6/28(金)
「マウス薬剤性肺障害モデルにおけるコンピュータ断層診断(CT)の有用性―肺障害の非侵襲的定量評価―」試験管理部 小口 正夫
※ポスター番号等、詳細が決まりましたら随時更新します。

■企業展示
1F 多目的ホール
6月26日(水) 9:30 ~ 17:45
6月27日(木) 9:00 ~ 17:45
6月28日(金) 9:00 ~ 15:00

ブース番号:111
提携先の海外CRO 3社(Southern Research、Vivotecnia、ZeClinics)も出展します。
学会へご参加の皆様は是非ブースへお立ち寄り下さい。

■ランチョンセミナー
6月27日(木)12:15~13:15(60分間)

演題:Neurobehavioral capabilities at Southern Research and comparison of NTP and standard DART study designs
演者:Charles D. Hebert, Ph.D, Interim Director, Toxicology and Pathology Services, Drug Development, Southern Research

演題:Inhalation toxicity: the challenge of knowing what the actual dose is
演者:Ramon Diaz San Pedro, Ph.D, Study director, Vivotecnia Research S.L.

演題:ZeTox: the platform for predicting toxicity and endocrine disruptors through zebrafish screenings
演者:Jana Iscla, Business Developer Manager, ZeClinics

座長:安齋 享征 昭和大学医学部 客員教授

第46回日本毒性学会学術年会