執行役員制度の導入に関するお知らせ

 当社は、平成21年6月10日開催の取締役会において、平成21年7月1日付にて下記のとおり執行役員制度の導入を行うことを決議いたしましたので、お知らせいたします。執行役員人事につきましては、決定し次第お知らせいたします。

1.執行役員制度の導入
(1)導入の目的
 当社のコーポレート・ガバナンスの一層の強化を図り、取締役会の意思決定の迅速化と業務執行の効率化を高めるため執行役員制度を導入いたします。これにより、取締役会は経営に関する意思決定の迅速化及び監督機能を強化するとともに、有能な人材を執行役員に登用することで機動的かつ効率的な業務運営を行い、企業価値を高めるものです。

(2)制度の概要
a.執行役員の任期は4月1日からの1年とします。ただし、本年度は平成21年7月1日から平成22年3月31日までとします。
b.執行役員の選任・解任は、取締役会が行います。
c.各執行役員の担当業務は、取締役会において決定します。
d.取締役は執行役員を兼務することができるものとします。
e.執行役員は取締役会の監督の元、業務執行に関して権限を持つものとします。
f.取締役は、会社法上の義務・権限のほか、戦略や経営方針及び経営上の重要事項の意思決定を行うとともに、執行役員の監督を行うものとします。
g.経営会議は、社長を含む執行役員で構成し、審議内容を取締役会に報告するものとします。


以 上

 プレスリリース資料 (PDF形式:84KB)