社内での取組

職場発表会

組織間のコミュニケーションや理解を深めるために、定期的な職場発表会を開催しています。 

各職場の若手職員が中心になり、自分達の業務内容や、こだわり、やりがい、苦労している事、経営者や他部署への要望など、知って欲しい事、伝えたい事を自由に発表しています。 

新年会

コロナウィルスが落ち着きを見せたこともあり、3年ぶりに新年会を開催しました。社員とその家族が参加し、新入社員の紹介・大抽選会等で楽しいひと時を過ごしました。 

社員が一堂に会し、コミュニケーションを取れる機会を今後も大切にしていきたいと考えています。

イノベーション制度

新日本科学グループでは、業務に関連するイノベーションや効果的な業務改善を対象としたイノベーション制度を実施しています。 

全社員を対象にWEBを通じ改善提案を募集するしくみで、1つでも提案した社員には「イノベーション/業務改善推進手当」を支給するとともに、寄せられた提案を実現することにより、さらなるイノベーションにつなげていくことを目的としています。

川柳大会

コロナ禍で社員が集まるイベントが難しくなったことがきっかけで、「イナリサーチ川柳大会」を開催しました。

イナリサーチのこと、仕事・会社・家族のこと等々様々なテーマで多くの作品が寄せられました。

作品は無記名で一覧にし、社員一同が鑑賞して楽しむとともに、社長賞、最優秀賞、優秀賞等を設け、優れた作品を表彰しました。

著名研究者による社内講演会

職員の研鑽を広げるため、大学の著名な先生や製薬企業や製薬ベンチャーの先端研究者の方などによる 社内講演会を定期開催しています。 

学会やセミナーでの発表、資格など

ある程度の業務経験を積むと、各自研究テーマを持ち、積極的に関連学会でのポスター発表や会社主催のセミナーでの口頭発表などの機会が与えられます。 

また、業務に関わる公的資格についても、費用を会社が負担し、積極的な取得を促しています。 

出張授業など

医療系の大学や地元の高校へ出かけて出前授業を行っている他、中学生への企業紹介イベントに参画するなど、地域貢献にも力を入れています。

若い世代が、医療や試験研究の分野に興味を持ち、地域を知り、地域を好きになるきっかけになればと願っています。

提案制度

当社では、仕事をよりやりやすくしたり、合理化したり、ミスを防止するために、全職場で提案制度を実施していいます。 

全職員を対象に、内容にかかわらず全ての提案にクオカードを贈呈しています。 

併せてその月で最も優れた提案をリーダー会が選定し、毎月の全体昼礼で、月間賞として表彰し、賞金を進呈しています。 

提案書は全て壁に張り出され、回答や実行計画が書き込まれます。年間100件以上の提案が出され実行されています。 

年度スローガン募集

当社には、毎年の経営方針とは別に、経営スローガンがあります。 

これは「より現実的で心に響く言葉であるべき」との想いから、経営者ではなく、職員が考えて決める事にしています。 

年度始めに全職員から「今の当社に必要な一言」としてスローガンを募集します。多数の応募作から投票により選出され、優勝、準優勝など3作が選ばれ、それぞれに賞金が贈呈されます。 

スローガンは各部署の目立つ所に張り出され、ことある度に話題になるようにしています。